住まいの情報広場ーより良い住まいつくりのお手伝い

menu

延岡市住まいづくり協議会

ガス工事のアドバイス

 

 

使っていないガス栓を開いてしまったり、ゴム管のはずれなどで不自然に大量のガスが流れると、自動的にガスを遮断します。

 

 

お風呂のつけっぱなしなど、必要以上に使用時間が長いと自動的にガスを遮断します。

 

 

感震器付きのタイプのものは、ガスを使用中に大きな地震

(震度5程度以上)を感知したとき、自動的にガスを遮断します。

 

 

マイコンメーターでガスが止まったときは、ガス漏れの疑いもありますので、ガス臭くないか十分確認してください。


 

 

 

 

 

 

燃焼に必要な空気が不足したり、器具が古くなって燃焼部や熱交換器がゴミなどで目詰まりしていると、不完全燃焼を起し、有害な一酸化炭素(CO)を発生することがあります。
「不完全燃焼防止装置」のついている湯沸器を使いましょう。

システムキッチンなどのガスコンロの部分は、壊れてしまったり新しくしたいときは、コンロの部分のみ取替えができます。