住まいの情報広場ーより良い住まいつくりのお手伝い

menu

延岡市住まいづくり協議会

電気工事のアドバイス

 

 

配線器具も古くなると、接触不良などによってカバーが焦げるなど、火災の原因となり大変危険です。

少し溶けていたり、色が変わっているコンセントカバーなどはありませんか? 早めの取り替えが必要です。

リフォームするなら、安全面も考えて一度チェックをおすすめします。

 

 

蛍光灯や電球が、ネオンサインのように点いていたり消えたりしているまま、使用したりしてい ませんか?

これは、不便なうえに正常のものよりも電気を使い不経済です。取り替えの目安 は、1年~1年半が目安です。
蛍光灯のソケット付近が黒ずんできたら、早めに取り替えましょう。

 

 

便利な証明器具。暗くなると自動点灯したり、人が近づくと自動点灯するなど、便利で経済的な照明器具が多種多様にあります。

防犯上の面からも、リフォーム時に検討してみてはいかがでしょうか?

電化製品の同時使用により、リミッターが切れたり停電したり・・・
これは、電気の容量不足です。

 

最近は、電化製品の普及により同時に何台もの電化製品を使用することが多く使用量もかなりのものです。電力会社との契約が「40A~50A」のご家庭が多いようです。

① 電力計から引込口までの配線の取替え
② 電力計から分電盤までの配線の取替え
③ 分電盤の取替え
④ 高容量機器の専用回線配線
⑤ 電力会社への申請